高く売ることを狙うのであれば、高級時計の買い取り価格の相場を知ることが大切です。

高く売れる高級時計

安く持つ仕組み

販売価格は高くても、同様に買い取り価格も高ければ、それは実質安く時計が持てることになります。

 

例えば2万円の時計を持ち、2000円買い取りが可能であれば、実質時計の金額は18000円ですね。
一方、10万円の時計を持ち、90000円で買い取りが可能であれば、その時計の金額は10000円になります。

 

この例は極端すぎますが、このように購入時の販売価格に差があっても、後の買い取り金額を考えた場合、
むしろ高級時計の方が実質安く持てるケースがあるのです。
これは、購入時に将来の買い取りのことまで視野に入れてこそ、実現できる財テクです。

 

 

ブランドが狙い目

ブランド時計イメージ

 

ブランドの強みは、流行と無関係なことです。
流行のモデルはその時こそプレミア価格がつくものの、ブームが終われば状況は一変します。
しかし、オメガなどのブランドモデルは、こうした流行に左右されることなく、安定した人気を誇ります。

 

流行に左右されたため、当然、販売側としても売るのに苦労はしません。
このため、買い取り価格も他の時計に比べて、高めに設定されているのです。

 

 

相場を知る重要性

ここで挙げたテクニックを実現するためには、買い取り価格がキーを握ります。
その意味では、高級時計の相場を知ることが大切です。
買い取り価格は店舗ごとで異なりますし、中には相当安く提示されることもあります。

 

相場を知ることで、こうした損な取引を回避でき、適正な価格で買い取りしてもらえます。
高く売ることを狙うのであれば、高く売れる高級時計を探すのはもちろん、
それが実質いくらになるかという相場を知ることが、このテクニックを使う絶対条件となってくるのです。

 

安く時計を持とうとして際、多くの人がシンプルに安い時計を探すという行動をとります。
しかし、後に買い取りを依頼することを視野に入れて考えれば、そこには高級時計を選ぶ道が見えてきます。
また、ここでは高級時計を例に挙げたものの、これはどういったものにおいても使えるテクニックです。