定価以上の価格を提示する転売屋で購入してしまうのは、ムダなお金の使い方と言えます。

無駄なお金の使い方

価値のない高級品を買う

本来高級品には、それなりの価値があり、買い取りを依頼すればそれが実感できるものになっています。
しかし、中には価格が高いだけの見せかけの高級品も存在するのです。
それでも自身が欲しいのなら問題ないですが、これを高価なものを勘違いして購入するのは無駄になります。

 

少なくとも、「高価=高級」とは限らないですし、高級品というのは、周囲がそれを分かってこそ、高い価値を得られるものです。
特に自身のステータスの意味で購入するのであれば、この点に注意する必要があります。

 

 

リサーチをしない投資

より高く売るために高いものを買う、これは財テクとしては基本で、投資と言い換えることができます。
しかし、リサーチをせずにこの行動に出ると、大抵は失敗しますし、無駄な出費になってしまいます。
この失敗を起こしやすいのが、“限定”や“流行”に惑わされることです。

 

いくら限定でも、それに対して需要がなければ、例え世界に一つだけのものだとしても価値はありません。
また、いくら流行であっても、それが一時的なものであれば、すぐに値崩れしてしまうのです。
こうした状況に陥らないために欠かせないのがリサーチであり、その方面の知識を得ることは必須です。

 

 

転売屋に手を出す

オークションやネット販売が一般的になったいま、問題視されているのが転売屋の存在です。
定価以上の価格を提示し、それを購入してしまうことは、紛れもなくムダなお金の使い方と言えます。
これは今すぐ欲しいという気持ちが最優先し、我慢や待ちができない人に起こり得ます。

 

商品価格というのは通常、商品自体の質に見合った価格が設定されており、それ以上の価格では、値段と品質が不釣り合いになってしまいます。
転売屋の商品を購入することで、この不釣り合いな取引を成立させてしまうことになるのです。

 

自分が欲しいものであれば、いくらであってもムダではない、そんな考え方もあります。
しかし、それは自己満足に過ぎず、周囲に影響を与える意味での高価な買い物であれば、こうした考え方は間違っているのです。

 

高級なものを持つ意味