全世帯の約半分の貯金額が700万円以下、若年層の世帯では貯金額が100万円以下です。

年代別の貯金額

各世代の貯金額

厚生労働省による年代別の平均貯金額は、20代が約160万円、30代が約423万円、40代が約707万円、50代が約1034万円、60代が約1399万円、70代以上が約1312万円となっています。

 

これはあくまでも「平均値」なので、中には高額貯金をしている方もいらっしゃいます。
そのため、この金額よりも少ない貯金額の人は多いのではないでしょうか?

 

「平均値」ではなく、全世帯での貯金額の割合が50%を越えてる「中央値」というものを見てみると、全世帯で500~700万円、若年層の世帯で50~100万円ほどとなっています。
要するに、全世帯の約半分の貯金額が700万円以下、若年層の世帯では貯金額が100万円以下ということになります。

 

貯金の目標額を決める

年を重ねるに連れ使う生活環境も変わり、支出にかかる金額も増えていきます。
若いうちから貯金をしっかりするように心がけていくことが大切です。

 

20代になり、社会人になってお給料を貰うようになったら、まず貯金をする習慣をつけるようにしましょう。
若いうちは未婚の人も多く。色々な誘惑に誘われがちです。しかし20代のうちに貯金をする習慣をつけておかないと、年をとってから貯金の習慣はつきにくくなります。

 

1年のうちに10万円などある程度の目標額を決めて貯金をするようにしましょう。
今ほとんど貯金が無い人も今日から貯金を始めるようにすればまだ間に合います。

 

収入が少ない方も貯金箱を買うなどしてコツコツ溜めるようにしていくといいでしょう。
「チリも積もれば山となる」のです。

 

一ヶ月のお金の使い方を表などにまとめておきましょう。
封筒などに生活費をまとめておき、それ以上は出費しないなどしておくのも良いですし、出費をわかりやすくするため、家計簿をつけてこまめに見返すのもいいでしょう。
自分のお金の使い方を把握することから貯金は始まります。