貯金をしたいけど貯まらないのは何故?おすすめの有効な貯金方法

有効な貯金方法

貯金をしたい、と思っていてもなかなか上手くいかない、という人って結構多いですよね。しかし、上手にやりくりをしてびっくりするような金額の貯金をしている人も多くいます。

 

ではどのようにすれば上手に貯金をする事が出来るのでしょうか?
ここでは有効な貯金方法についてご紹介します。

 

 

強制的に貯金をする

人間、手元にお金があればそれを全て使ってしまうものです。ということは、「手元にお金を置かない」状態にすれば良い訳です。
手元にお金を置かないようにするにはどうすればよいか。それは「前もって貯金をしてしまう」ようにすれば良いわけです。

 

まずは給料が入ったりクレジットカードの引き落としなどで使用している口座とは別に「貯金用」の口座を使用します。
その貯金口座に毎月決まった金額を入金してしまうのです。そうすると余った金額で生活を回す事になります。

 

家計簿をつける女性

そのため、毎月いくらで生活をしているのか、まずは家計簿などをつけて確認をしてみましょう。その中には間違いなく、無駄に使っているお金があるはずです。
また、節約できる部分がないのかどうか確認してみましょう。例えば外食費、コンビニでのお弁当代など節約できるところが必ずあるはずです。

 

そして割り出した貯金するお金の分を前もって貯金口座に移してしまいましょう。あまり金額を大きくしすぎると生活が苦しくなってしまうので、無理のない範囲内の金額を設定しましょう。
その貯金口座さえ手をつけてしまいそうで心配な方は定期預金などにする事をおすすめします。1,000円や10,000円など小さな金額でもコツコツ溜めていけばかなりの金額が溜まっていきますよ。

 

小銭貯金

強制的に貯金するのが難しい人であれば「小銭貯金」をしてみることをおすすめします。小銭貯金とはその名前が示すとおり、小銭を貯金していく方法です。
毎日生活をしていく上で、買い物をするとどうしても小銭が出てきますよね。1日の終わりにその小銭を全て貯金箱に入れてしまうのです。日々現金で買い物をしている人には特におすすめです。

 

小銭?と思うかもしれませんが、「ちりも積もれば山となる」の通り、気がついたら結構な金額が溜まっていくものです。
ある程度溜まったら、貯金口座に入れてしまうことをおすすめします。500円貯金と言うものもありますが、500円を作る事がストレスに待ってしまうようであれば、普通の小銭でも十分たまっていきますよ。

 

貯金の目標を立てる

闇雲に貯金をしていてもなかなかお金はたまらないものです。貯金の金額の上限を定め、何のために貯金をするのか目標を決めておくとよいでしょう。
「車」など大きな金額ではなく、例えば10万円溜まったらそれで旅行に行く、とか小さな金額から決めていくとよいです。順調に貯金が出来るようになったら、100万円など大きな金額を決めていくとよいでしょう。