不動産の運用は安定性には長けており、長い目で見た資産運用の方法です。

不動産の運用

安定した家賃収入

マンションやアパートを経営すれば、住居者からの家賃を得られます。
この家賃収入は景気に左右されないため、毎月安定した収入を確保できるのです。

 

特に年金の受給額に不安を感じる現代においては、それを補える収入としても注目されています。
また、マンションを建築するような大掛かりな運用ではなく、一室を購入してそれを貸すという手段もあるため、
運用スタイルによっては、一般のサラリーマンでも不動産の運用は実現可能です。

 

 

物件選びの重要性

いくらマンションを経営すると言っても、入居者がいなければ意味がありません。
このため、不動産の運用は、立地などを考慮した物件選びが重要になってきます。

 

ちなみに、不動産の運用で一般的なのは、ワンルームマンションです。
これは間とり上、ワンルームは入退去が激しいため、仮に退去者がでたとしても、すぐに次の入居者が見つかることが理由です。
最もワンルームマンションにおいても前述した立地条件が重要なので、やはり便利で多くの入居者が希望できる物件を探さなければなりません。

 

また、世界を視野に入れるのであれば、海外物件を検討する道もあります。
もちろん、その場合はそれなりの知識が必要にはなってきます。

 

 

不安要素

マンション

時々ニュースでも報道されますが、人口の減少により空き家が増えているのが問題です。
また、地域によって人口が異なるのはもちろん、人口の増加や減少にも差があるため、都内の物件に限定するなど、
周囲の利便性だけでなく、地域そのものにも注目する必要があります。

 

そう考えると、不動産の運用は、地域を含めた条件がある程度シビアと言えます。
極端な話、あなたが地方に住んでいるとしたら、地元で不動産の運用を試みるのは無謀とも言えます。

 

 

不動産の運用は、地価が急騰するようなことが起こりにくいため、大幅な利益は期待できません。
その分、安定性には長けており、長い目で見た資産運用の方法です。
また、入居者の満足な姿を見ることができる点で、やりがいのある投資とも言えます。