ミニマリストの人たちは不要なものを捨てて、必要なものだけを手に入れる生活をしています。

ミニマリストとは

ミニマリストとは

2015年からたびたびメディアなどで聞くことが多くなった言葉です。
ミニマリストとは「最小限主義者」のことで、「必要最小限のもので暮らす人」のことを指します。

 

なにも持たないのがミニマリストではない

ミニマリストの人たちは不要なものを捨てて、必要なものだけを手に入れる生活をしています。
人によって「必要な物」の考え方は様々です。例えば家事はしないからとお鍋一つ無いひと、TVを見ないから置いていない人。
これらの人たちも「必要の無いもの」を持たないことから、「ミニマリスト」と言えますし、逆に、生活する上でお鍋もテレビもDVDデッキが必要な人がいます。

 

しかし、本や洋服など生活に最小限に必要なものにしか囲まれていなければ、その人も「ミニマリスト」と言えるでしょう。
物が少ないことがミニマリストの定義ではありません。

 

余計なものを購入しないので、お金が溜まり、節約家が多くいます。
部屋がスッキリしていることに重点を置いているので、掃除がしやすい生活をしているとも言えます。

 

しかし、ミニマリストの度を越えてしまい、捨てることに快感を覚えてしまったり、人からのお土産やプレゼントなどがわずらわしくなってしまう人もいます。
中には家に暮らすこと自体がわずらわしくなり、ホテル暮らしになってしまう人もいるそうです。
ある程度の節度を持ったミニマリストでいることが大事です。

 

災害に弱い

必要最小限のもののみで生活しているミニマリストの人たちには、「災害用のグッズや備蓄食料」などを用意していない人たちが多く存在します。
災害が起きたときのダメージは一般の人より大きくなりがちです。ミニマリストの人たちも、「万が一」という事を考えて防災グッズを用意しておくようにしましょう。