収入の違いではない!お金が貯まる人と貯まらない人の違いとは?

お金が貯まる人と貯まらない人

収入が多いからお金が貯まる、逆に収入が少ないからお金が貯まらない、とお考えの方が多いかと思いますが、実はそういうわけではありません。
収入が多くてもお金を貯められない人もいますし、収入が少なくてもお金を貯められる人もいるものです。
では、お金が貯められる人と貯められない人にはどのような違いがあるのでしょうか?

 

 

貯金の仕方が違う

貯金をどのようにしていますか?貯金専用の口座というものを持っていますか?お金を貯められる人は「収入を得たらまず貯金をする」という方法をとっています。その上でその残りの金額で生活をしているのです。
お金がなかなか貯められない人は収入のほとんどを使ってしまい、その残りを貯金する、もしくはお金が残らずに貯金が出来ていない、という感じではないでしょうか?

 

お金を貯めたいのであれば、まずは「収入を得たら貯金をする」という考えを持ちましょう。
収入を全て使わなければ生活が出来ない、なんてことはないはずです。必ず無駄に使ってしまっている出費があります。自分の生活を今一度見直してみましょう。

 

 

現金を使うようにする

現金のイメージイラスト

お金を上手に貯められる人は買い物をするときに「現金」での支払いを行っています。今ではクレジットカードや電子マネーなど現金を使用しない支払い方も多くありますよね。
ではなぜ現金での支払いの方がお金を貯められるのでしょう?

 

答えは簡単。単純に自分がいくら持っていていくら使ったのか、ひと目でわかるからです。クレジットカードや電子マネーを使っていると、自分が何にどのくらい使ったのかわかりませんよね。
クレジットカードや電子マネーはとても便利なものです。中には使用金額に応じてポイントが溜まるものもあります。
クレジットカードや電子マネーを利用するときには自分が何にいくら使ったのか、無駄な出費はなかったのかどうか、きちんと自分で精査するように心掛けましょう。

 

 

小さな出費も溜まれば大きな金額になる

例えば毎日飲み物を自動販売機やコンビニなどで購入していませんか?1日1本購入するとして、20日買えば2,000円です。
お金を下ろすときにどのATMで何時に使用していますか?コンビニのATMは便利ですが、銀行によっては手数料がかかりますよね。

 

また、手数料もATMを利用する時間帯によって変わってきます。毎回少しずつお金を下ろす癖がある人は、月に1回、決まった金額を下ろし、それ以上はおろさないようにしましょう。

 

 

家の中が片付いている

一見お金には関係ないように思いますが、実は「お金の使い方」「家の中が片付いているか」は密接な関係があるのです。
家の中が片付いていれば今家の中に何があって、何がないのか、きちんと把握する事が出来ます。すると無駄な出費もなくなっていくものです。
わかりすいのは冷蔵庫でしょうか。冷蔵庫の中身を把握していれば食料品を買いに行くときに無駄な買い物をしなくてすみますよね。それと同じ事です。