明細がわかった時点でお金を口座に入金するなどして、金銭管理がしやすい工夫をしましょう。

クレジットカードを使わないメリット

 

クレジットカードはどれにいくら使ったかわからなくなりがちなので、金銭管理が困難になりがちです。
クレジットカードの明細がきてからやっといくら使ったかわかる、というようでは節約も貯金もしにくくなります。衝動買いなどにも安易にしがちです。

 

また、リボ払いや分割払いなどを安易に利用してしまうと、気がつけば借金だけが増えていき、利息をいつまでも支払うことにもなるので、その分節約はしにくくなります。

 

クレジットカードはポイント還元と言うサービスがありますが、金銭管理がうまくできないようであれば意味がありません。
このようにクレジットカードを計画的に使えない人は、クレジットカードの使用を必要最小限にしたほうが賢い選択となるでしょう。現金のみでの決済の方がはるかに金銭管理がしやすくなります。

 

クレジットカードを安心して使う方法

クレジットカードを数枚所持していて、バラバラに使用している方は、まず一つのクレジットカードの使用に絞りましょう。
そのほうがポイント還元などのサービスもお得に受けやすくなります。

 

クレジットカードには引き落とし口座が必要になるので、クレジットカード専用の口座を作り、他には使用しないようにしましょう。
これにより、クレジットカードにいくら使ったかがわかりやすくなります。
クレジットカードを使用した金額を即日クレジットカード専用口座に入金しておきましょう。
現金がすぐに無い場合は、きちんと自分で把握しておいて後日入金しましょう。

 

公共料金などをクレジットカードから支払うようになっている方は、明細がわかった時点でお金を口座に入金するようにしましょう。
こうすることにより、自分がクレジットカードでいくら使ったか把握することが可能になります。