年代によってお金の使い方が変わってくる!賢い年代別のお金の使い方

年代別おすすめのお金の使い方

お金の使い方を紹介する女性

 

長く生きていればその年齢によって環境も生き方も変わってきます。もちろんお金の使い方も変化していくものです。
どのように上手にお金を使っていくか、によってその人の価値も決まってきます。

 

そこでここでは年代別におすすめのお金の使い方についてご紹介します。

 

 

 

20代のお金の使い方

20代といえば多くの人が学生を卒業して社会人になり始める年代です。そのため、今後社会人としてステップアップする為の基礎を固めていく年代であるといえます。
さまざまなことを柔軟に吸収できる年代でもありますから、自分の体験、経験などをたくさん増やしていく事が大事です。
スキルアップをする為にパソコンスクールのようなビジネススクールに通ってみるのもよいですし、会社のセミナーに通ってみるのもよいでしょう。

 

給料でこれまでの人生の中でもより大きな金額を得られる時期ですので、お金の使い方についてもしっかり基礎を作ることも大事です。
毎月どのくらいのお金を使っているのかをきちんと把握し、少しずつでもよいので貯金を心掛けるようにしましょう。
まずは給料の入る口座と貯金する為の口座を作って、一定の金額を貯められるようにするとよいでしょう。

 

 

30代のお金の使い方

30代になると多くの人は結婚、出産などで自分の家庭を築いていくようになります。まずは今後いくらお金をかかるのかざっくりでもよいので確認してみましょう。
子供がいるのであれば学費など、夫婦だけであってもマイホームの購入などさまざまなイベントがありますよね。大きな出費が出てくる事が考えられるので、コツコツ貯金を行ってそのイベントに間に合うようにしていきましょう。

 

まだ出費に余裕があるようであれば資産運用をはじめていくのもよいかもしれません。失敗する事もありますが、上手に資産運用をする事が出来れば、今後の生活をより楽にする事が出来ます。

 

 

40代のお金の使い方

家庭を持ち、子供がいるのであれば高校や大学、塾や予備校など教育資金がよりかかってくる時期です。これまで以上にどのくらいの出費が控えているのかを確認しておくとよいでしょう。また、それにあわせての貯金も必要になります。
資産運用に自信がないのであれば、フィナンシャルなどのセミナーを受けてみるのもよいかもしれません。

 

 

50代のお金の使い方

50代になると子供が手元を離れ、独り立ちをするなど出費が落ち着いて来る頃です。ここからは「自分たちのため」の貯蓄を行うようにしましょう。
50代になるとそろそろ「老後」が見えてくる頃です。もしも資産に余裕があるようであればマイホームローンの繰上げ返済などを行っておくと、老後の生活が楽になります。
老後になったらいくら必要なのか、と心配になる事もあるかもしれませんが、貯金があればあるほど金銭的に余裕がある生活を送る事ができます。