口座開設は、日本語で対応できるスタッフが存在する海外のリゾート地がおススメです。

海外口座への預金

なぜ海外口座を開設するのか

ここ最近、海外口座を開設する人が多く見られます。
これは日本の不景気が要因になっており、財政破綻の対策としての行動です。
また、日本では当然になりつつある金利ゼロですが、海外口座の場合は金利が高く、資産を増やす意味で利用している人も多いのです。

 

また、国によっては預金金利が非課税な国もあり、
金利においても税金においても、日本の銀行に勝るメリットが多数存在するのです。
こう説明すると日本の金利は世界規模で見ると、非常に条件が悪く感じられます。
あながちそれは間違いではなく、日本の金利の条件は非常に悪く位置づけられています。

 

 

海外のリゾート地で口座開設

現地で口座開設を行う場合、おススメとなるのがリゾート地での口座開設です。

 

例えばグアムなど、日本人も多く訪れるリゾート地であれば、日本語対応できるスタッフも存在します。
海外口座を開設する際、日本語で手続きができるというのは、それだけで頼もしいですね。

 

もしあなたが海外口座の開設に抵抗を持っているとして、その理由が言語にあるなら、
グアムやハワイのようなメジャーな海外のリゾート地で手続きができることを知っておいてください。

 

 

デメリットを知っておく

メリットだらけに感じる海外口座の開設ですが、デメリットも存在します。
まず、銀行の選び方が難しいことです。
日本であれば、UFJなど、大手の銀行の知識は必然的に身についています。

 

しかし海外になると、名前の分からない銀行ばかりとなるため、どの銀行に口座を開設すればいいのかが、分かりにくいのです。
また、同じく海外という意味の欠点を挙げれば、言葉がネックになり、手続きや送られてきた書類が分かりづらいことです。
実際にこれらが原因となって、預金者の知識不足、勘違いによるトラブルが多数発生しています。

 

資産を増やす上で、一昔前は銀行の金利に期待するのが一般的でした。
しかし景気が悪い今、それに期待するのは難しく、むしろ不安すら抱いてしまいます。
その暗い流れを変えてくれる可能性があるのが、海外口座を開設することなのです。

 

その他、株などへの投資についてはこちら。